データ復旧(基板修理)

機種別修理価格

機種価格(税込) 作業時間
iPhone 5,5S,5C,SE症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 6症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 6 Plus症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 6s症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 6s Plus症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 7症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 7 Plus症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 8症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone 8 Plus症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone X 症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone XS症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone XS Max症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。
iPhone XR症状により価格が変わります。症状により日数が変わります。

 

iPhoneのデータ復旧ができるケース

まずiPhoneのデータ復旧ができる可能性があるのは、次の2つのケースです。

  • 水没して電源がつかない
  • iPhone本体が破損して電源がつかない、操作できない

水没して電源がつかない

水の中に落としただけではなく、水滴程度でもiPhone内部に入り込めば故障の原因になります。

いつのまにか水分が内部に入り込んで故障する場合は、ある日突然iPhoneが使えなくなることも。

iPhoneのデータは水没して消えるというわけではありません。

状態によってはデータ復旧できるので、まずはデータ復旧ができる修理店へ持ち込みましょう。

iPhone本体が破損して電源がつかない、操作できない

iPhoneを高いところから落としてしまったり、道路で落として車に轢かれてしまうような本体に強い衝撃を与えて破損させた場合もデータ復旧できる可能性があります。

本体が破損してしまっても、内部にあるデータチップという部分が無事ならデータ復旧が可能です。

ただし強い破損状態にあるiPhoneは、無理に充電はせずすぐに修理店へ持ち込んでください。

無理に充電すると無事なデータチップにもダメージが与えられる可能性があります。

データ復旧が難しい、できないケース

基本的にはiPhone本体の電源がつかない場合は、内部のデータを取り出して復旧することは可能です。

しかしデータ復旧が難しい、または不可能なケースもあります。

  • リンゴマークから画面が切り替わらない(通称リンゴループ)
  • 初期化したiPhone

リンゴループになって使えなくなった

リンゴループで画面がずっと変わらず操作できないというケースもあります。

リンゴループとは、iPhoneの画面上にアップル社のリンゴロゴがずっと表示される現象です。

リンゴループの原因はiPhoneの基盤やハードウェアなどの故障の可能性があります。

データ復旧が完全に不可能というわけではありませんが、ほかのケースと比べると難しくなります。

初期化したiPhone

iPhoneを初期化すると、バックアップを取っていない場合はデータ復旧はできません。

iPhoneは初期化すると全てのデータ(ダウンロードしたアプリやゲーム、写真、音楽、連絡先など)が消えます。

簡単にいうと購入したときのまっさらな状態に戻るのです。

iPhoneデータ復旧でお困りならLINEでご相談を!

ガジェッターズスタジオでも、iPhone本体が使えなくなってデータが取り出せないという修理のご相談があります。

  • iPhoneが車に踏まれてバキバキになってしまった
  • ホームボタンや内部カメラ、スピーカーまでボロボロの状態になってしまった

など、主にiPhone本体の激しい損傷からデータ復旧を希望されるケースが多いです。

本体が激しく損傷している場合でも、ガジェッターズスタジオではお客様が希望する部分の修理しか行いません。

勝手にカメラやスピーカーなど、希望していない損傷部分を修理して費用を請求することはないので、修理費用はデータ復旧とご希望部分の修理費用だけで済みます。

郵送修理も行なっていますので、来店が難しい方は郵送修理もご検討ください!

iPhone修理 福岡天神店 ガジェッターズスタジオ
タイトルとURLをコピーしました