iphone修理の予約確認方法や当日必要なもの、委任状の準備について

iPhone

iPhoneの画面割れ修理やバッテリー交換などは、アップルストアやその他の店舗で受けられます。

「何を持っていけばいいの?」
「修理予約の確認はどこからできるの?」
「本人以外でも代理で持っていけるの?」

などを詳しくまとめました。キャリアや店舗ごとの委任状のダウンロードページなども纏めているので、ご参考ください。

アップルストアでの修理は事前予約が必須

アップルストアに直接行って修理をしてもらう場合は、事前に「Genius Bar(ジーニアスバー)」を予約しておく必要があります。

Genius Barとはアップルストアで行われているサービスのこと。

製品の使い方をGenius(アップルストアで働くスタッフのこと)から直接学べるワークショップを開催しており、それ以外にも製品の修理相談などができます。

修理の予約方法については下記で確認してください。

※参考:福岡でアップル公式のiPhone修理サービスを予約する方法と注意点

iphone修理の予約や修理状況の確認方法

修理予約の確認は、Appleサポートに電話で確認する方法と、Apple公式サイトの「マイサポート」から確認する方法があります。

予約のキャンセルも電話かマイサポートから行えます。

どちらの方法でも「お問い合わせ番号(または修理ID)」と「シリアル番号(または郵便番号)を聞かれるので、事前に確認しておきましょう。

「お問い合わせ番号(または修理ID)」は、iPhoneの修理を申し込んだ時に届く予約確認メールに記載されています。

もしメールを消去してしまった場合はWebの「マイサポート」にサインインして「最近のアクティビティ」の欄を確認してください。

「シリアル番号」は、iPhoneの「設定」>「一般」>「情報」の順にタップすると表示されます。

もしも電源が入らない等であれば、iPhone購入時に入っていたパッケージの箱にあるバーコードか、領収書(レシート)でも確認できます。

iphone修理に行く時に必要な持ち物

iPhoneの修理時に必要なものは以下の通りです。画面割れでもバッテリー交換でも、修理の内容に関わらず必要なものは変わりません。

  • 故障機本体(充電ケーブル等のアクセサリーも見てもらう場合は持参する)
  • Apple IDとパスワード
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)

この他にも、アップルストアやApple正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ、ビックカメラなどの一部店舗)などの正規店で修理する場合は「購入時のレシート」もなるべく持参するよう推奨されています。

これは、正規店での修理手続きに購入証明書が必要になることがあるためとのこと。

また、正規店でバッテリー修理をする場合、本体のバッテリー残量を30%以下にしておく必要があります。

街の修理店など非正規店で修理する場合は、各店によって規程が異なるので事前に確認しておくことをオススメします。

未成年者の場合は親権者の同意書や本人確認書類が必要になることも

未成年者が修理で来店される場合、下記の書類が別途必要になるケースがあります。

店舗によって必要になる書類が異なるので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

  • 家族確認書類(同姓または同住所であることを確認できるご家族の本人確認書類、保険証の場合は1枚に家族の氏名・生年月日が記入されているもの)
  • 親権者の同意書(「親権者本人の自署」または「親権者本人の記名押印」が必要)

代理人の場合は委任状や本人確認書類が必要

iPhoneの契約者以外が代理で修理に持ち込むこともできます。

代理人が持ち込む場合に必要なものは基本的に、上記の他に「代理人委任状」と「本人確認書類」です。

ただし、店舗によっては「契約者本人のもの」と「代理人のもの」の両方の本人確認書類が必要なケースもあります。

委任状は、基本的に公式サイトからダウンロードできるので、印刷して使いましょう。

また、カメラのキタムラなどのApple正規サービスプロバイダでは「代理人は20歳以上の方に限る」など条件がある場合もあります。

auやソフトバンク、ドコモなど、キャリアによっても条件が異なるものもあるので、最新の情報は公式サイトにて確認してください。

※参考:ビックカメラ_注意事項と来店予約
※参考:カメラのキタムラ_ Apple製品修理(委任状)
※参考:au_ご来店時にお持ちいただきたいもの
※参考:ソフトバンク_委任状
※参考:ドコモ_委任状

代理人が修理にいく場合の注意点

持ち物の他にも、代理人が行く場合は注意点がいくつかあります。

まず、当日はApple IDやパスワードが必要になるので、忘れずに伝えておきましょう。また、「iPhone を探す」機能をオフにしておくなどの事前準備も必要です。

他にも、アップルストアやApple正規サービスプロバイダなどの正規店での修理は、iPhoneのデータを消去してから修理に取り掛かります。

データについてはご本人でなければ判断が難しいため、当日持ち込まれる方が混乱しないよう事前にデータについてなど当日の修理の流れを伝えておくと安心でしょう。

※参考:データのバックアップ方法

データ消去が不要のiPhone修理店がオススメ

iPhoneの修理は事前の準備が大変です。アップルストアなど正規店の場合はデータのバックアップと消去、一部機能のオフなど設定にもかなりの手間がかかります。

そこでオススメなのが、街の修理店です!

ガジェッターズスタジオなどのiPhone修理専門店では、データを消去する必要がありません。

画面割れなどは20〜30分で終わるため、修理完了後はそのままお使いいただけます。

ご相談は無料ですので、一度お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました