iPhone修理前に必ずやるべきデータのバックアップ方法

iPhone

iPhone修理をアップルストアやアップル正規サービスプロバイダへ依頼するときは、事前に必ずバックアップを取っておく必要があります。

バックアップとは、iPhoneの中にあるデータを別の場所に残して保存しておくことです。

正規店での修理では、持ち込まれたiPhoneを初期化してから修理するため、もしもバックアップなしの状態で修理に出してしまうと今までのデータが消えてしまいます。

電話番号やLINEのアプリデータなど大切なデータがある人は、忘れずにバックアップを取っておきましょう。

iPhoneのバックアップ方法は2通りある!

iPhoneデータのバックアップ方法は下記の2通りです。

①iPhoneをWi-Fiに繋ぎ「iCloud」サービスを使ってバックアップをとる方法
②パソコンを使ってiTunesにバックアップを残す方法

どちらか1つでも大丈夫ですが、もしパソコンがある人は、iCloudバックアップだけではなくiTunesバックアップも併用するほうが良いでしょう。

こうすることで、仮に片方でうまくバックアップできていなかったとしても、もう片方で復元できます。

また古いiPhoneがある方は、修理予定のiPhoneのバックアップを取ったあとで、古いiPhoneで試しに復元してみて、データがちゃんと残っているか確認するのも良いでしょう。

iCloudとiTunesでのバックアップの違いとは?

iCloudバックアップは、Appleが提供しているクラウドストレージサービスです。

iPhoneをWi-Fiに繋げられれば、パソコンがない状態でもスマホだけでバックアップできます。

ただし、この方法はiPhone本体に保存されているデータや設定情報を“ほぼ”すべて保存できますが、後述しているように一部データはバックアップ対象外となるので注意が必要です。

iCloudを使う方法の特徴

・バックアップをiCloudに保管する方法
・スマホだけでもバックアップができる
・ストレージは最初の5GBまでは無料(最大2TBまで利用可能)
・バックアップは常に暗号化される
・どこからでもWi-Fiを使ってバックアップを作成・復元できる

iTunesを使う方法の特徴

・バックアップをパソコンに保管する方法
・iTunesの入ったパソコンが必要(MacまたはWindows)
・使えるストレージは、パソコンの空き容量によって決まる
・バックアップを暗号化することもできる (デフォルトでは「暗号化なし」)
・パソコンでバックアップを作成・復元できる

iCloudとiTunesバックアップで残せるデータ、消えるデータ

iCloudバックアップで残せるデータ

・App(アプリ)データ
・Apple Watch のバックアップ情報
・デバイスの設定情報
・ホーム画面とAppの配置
・iMessage、テキスト(SMS)、MMS メッセージ
・iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
・Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
・着信音
・Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていたSIMカードが必要)

iCloudバックアップで残せないデータ

・iCloud にすでに保存されているデータ
・ほかのクラウドサービス (Gmailなど)で保管されているデータ
・Appleメールのデータ
・Apple Pay の情報と設定内容
・Face IDやTouch IDの設定
・iCloudミュージックライブラリやApp Storeのコンテンツ(購入済みのコンテンツは再ダウンロード可能)

iTunesバックアップで残せるデータ

iPhoneにある“ほぼ”すべてのデータや設定情報

iTunesバックアップで残せないデータ

・iTunes Store および App Store から入手したコンテンツ、または Apple Books に直接ダウンロードした PDF
・Finder や iTunes から同期したコンテンツ(読み込んだMP3やブック、写真など)
・iCloud にすでに保存されているデータ
・Face IDやTouch IDの設定
・Apple Payの情報と設定内容
・Appleメールのデータ
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ (「バックアップを暗号化」するとバックアップ可能)

iCloudを使ったiPhoneのバックアップ方法

①iPhoneをWi-Fiに繋ぐ
②「設定」「ユーザー名」「iCloud」の順にタップする
③「iCloudバックアップ」をタップする
④「今すぐバックアップを作成」をタップ(※終わるまでWi-Fiを切らない)
⑤終了後、「設定」「ユーザー名」「iCloud」「iCloudバックアップ」の順にタップして、最新のバックアップの日付を確認する。今日の日付になっていればバックアップ完了。

もしも②の段階で「iCloudに接続されていません」と表示された場合は、iPhoneのiCloud Drive機能がオフになっているということです。

「設定」「ユーザー名」の順にタップし、「iCloud Drive」をオン(緑色の状態)にしましょう。

iTunesを使ったiPhoneのバックアップ方法

①iPhoneをパソコンに接続してiTunesを開く
(macOS Catalina 10.15の場合はFinderを開く)
②パスコードを入力する
③コンピューター上で接続したiPhoneを選択する
④「今すぐバックアップ」をクリックする
(もしApple Watch上のヘルスケアやアクティビティのデータも残す場合は、「デバイスのバックアップを暗号化」のチェックボックスにチェックを入れてパスワードを指定してからバックアップを作成する。パスワードは復元時に必要なため絶対に忘れないようにしてください。)
⑤「このMacへの前回のバックアップ」欄に今日の日付があれば正常にバックアップが完了している

iPhoneのバックアップができないときは?

もしもパソコンにiPhoneが認識されずバックアップできない場合は、以下の方法を試してみましょう。

実際にあった例ですが、純正品以外のUSBケーブルを使うとバックアップできなかったが、純正品に変えたら問題なく終わったというケースもあります。

・パソコンとiPhoneを繋ぐUSBケーブルを純正品に変える
・iPhoneのロックが解除されている状態にする(ホーム画面が表示されている状態にする)
・iTunesのバージョンを最新にする
・一度iPhoneをパソコンから取り外し、パソコンを再起動する
・別のパソコンがある場合は、そちらでも同じ状態になるか確認する

iPhoneにあるLINEのトーク履歴をバックアップする方法

LINEのトーク履歴は、以下の方法でバックアップできます。

①Wi-Fiやモバイルデータ通信などの安定したネットワークに繋ぐ
②LINEを開き、「ホーム」「設定」「トーク」の順にタップ
③「トークのバックアップ」「今すぐバックアップ」の順にタップ
④「バックアップ完了」と表示され、履歴部分に今日の日付があれば完了

もしLINEアプリのバージョンが古い場合は、最新バージョンに更新してからバックアップをとってください。

機種変更などでアプリを入れなおした際に、アプリのバージョンが以前と異なるとアカウント引き継ぎやトーク履歴の引き継ぎができない恐れがあるためです。

また、LINEの「アカウントの引き継ぎ設定」をオンにすることや、登録している電話番号やメールアドレス、パスワードなどは念のために控えておくとよいでしょう。

もう一点、注意点があります。

トーク履歴にある画像やスタンプはiCloudバックアップでは残せないので、もし大切な画像があれば、画像を長押ししてiPhone側に移す作業をしておきましょう。

そして、前述したiCloudやiTunesでのiPhoneデータのバックアップ後にLINEのトーク履歴の画像をiPhoneに移した場合は、再度iPhoneのバックアップをし直してください。

街の修理店ならデータ消去やバックアップをせずに修理できる!

以上がiPhoneを修理に出す前にしておかなければならないバックアップの概要です。実際にやってみると驚くほど簡単に終わります。

しかし、大切なデータを修理のためとはいえ消すのはとても不安ですよね。

実際「バックアップがうまくできていなかった」という人や、「修理に出すとき初期化されることを知らなかった」という人も多く、修理はできたけどデータが消えてしまったという人が少なくありません。

そこでオススメなのが「街のiPhone修理店に修理を依頼する方法」です!

実は、アップルストアやAppleの正規サービスプロバイダ(代理店)では、預かったiPhoneのデータ消去をしてから修理に取り掛かるのですが、街の修理店なら消さずにそのまま修理できてしまいます。

修理後はすぐに今まで通りお使いいただけるので、安心してご依頼ください。

iPhone修理店のひとつである「ガジェッターズスタジオ」には高い技術力があり、これまでにも数多くの修理のご依頼がありました。

画面割れはもちろん、水没トラブルやバッテリー交換など多岐にわたるご相談を承っているので、是非お気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました